活動内容

本会の活動方針

  1. 中立で非営利性を保ち、産・官・学の協力による運営を行う。
  2. 広範な水素技術の全分野における大学及び研究機関の高度の基礎技術研究と産業界の応用技術開発に関する情報提供及び会員の交流を行う。
  3. 研究開発や普及の問題について産・官・学への提言を行う。
  4. 国際交流による国際貢献をする。

活動内容

  • 研究会
    水素製造・利用技術およびエネルギーシステム研究に関する当面の重要課題について研究討論会(定例研究会)を年約4回開催する。
    団体会員のみを対象とする特別研究会も随時開催する。
  • 研究発表会
    我国に於いて進行中の水素エネルギー技術分野における研究成果について発表会を原則として年に1回開催し、一般にも公開する。
  • 講演会・シンポジウムなど
    水素エネルギーシステム技術や問題点をひろく一般に普及啓蒙するための講演会、映画会などを随時開催する。また講演会、シンポジウム、海外研究者などを囲んでの懇談会なども随時開催する。
  • 協会誌その他資料の刊行
    年間における研究会の成果などをとりまとめて編集した機関誌を年4回、その他の資料を刊行する。
  • 国際活動
    国際水素エネルギー協会(IAHE)と密接な関係を保ち、水素エネルギー技術における研究およびその成果の普及に関する国際交流活動に積極的に寄与する。

 

ページ先頭へ移動